BRAND

トキワのブランド

STATEMENTブランドステイトメント

私たちの原点は左官と大工の職人でした。
時代を経てもなお創業者の仕事が残っています。
日々の営みに寄り添い続けたその仕事が常盤工業の誇りです。
総合建設業を生業とするようになった今なお「いい仕事」をする職人の心意気が息づいています。
でも「いい仕事」とはなんでしょうか?

常盤工業は、建築物や土木インフラや住宅をつくる仕事をしています。
いわゆるハコモノ・インフラをつくっていますが、
つくり上げたそのものだけで本来の価値があるとは思いません。
そこに人の営みや想いが宿ることで本物の価値が生まれるはずです。
だから、ハコモノ・インフラを利用する人々に寄り添い、
一人ひとりの喜びや夢や安らぎをつくること。
それが私たちの考える「いい仕事」です。

そしていま 私たちは 原点のその先へと 歩を進めていきます。
「いい仕事」から「熱い仕事」へ。
人を揺さぶり突き動かすのは人の熱量だから。
仕事に「熱」を込めていきたい。
一人ひとりの物語をつくっていきたい。
私たちはその強い願望を心に抱いています。
この想いを実現することを皆様にお約束をします。

  • 現存する 創業者:市川豊蔵氏の仕事

MESSAGEブランドメッセージ

PROMISEブランドプロミス

  • 未来のワクワクをつくります。
    過去からの想いを繋いでいきます。
    今日を支える安心を守ります。
  • 一緒に働く仲間と共に、熱量を込めた“熱い仕事”をすることでお客様の心を動かしていきます。
  • 地域の皆さまと共に歩み、SDGsの達成に向けた取り組みを推進します。
  • 時代の半歩先を歩み、自らを変化・進化させることで、
    今日最大限の「できる」を実現していきます。
  • 私たちが働くことでつくり出す幸せを大切にします。
    同時に、私たち自身の幸せも大切にします。

CROSS TALK- 常盤工業の目指す姿 -

CROSS TALK
  • 建築工事部 高田さん
    様々な仕事を経験した上で建築施工管理の仕事へ。多様な職業体験からの広い視点と現場で叩き上げた経験で、お客様から厚い信頼を得ている。当社から声を掛ける形で常盤工業へ入社。
  • 営業部 窪田さん
    店舗開発のコンサルタントや人材採用のコンサルタントを経験。ベンチャー企業の立ち上げに参画するも会社の方向性に疑問を感じて退職。従業員の幸福を目指す常盤工業の理念に共鳴し入社。
  • 設計部 岡本さん
    デザイン専門学校卒業後に入社。当初は設計アシスタントだったが、現場で建築設計の面白さに気づかされる。知識ゼロから地道に勉強と実務を積み上げ、今では一級建築士として住宅の設計を行う。
  • 土木工事部 英弘さん
    地元の工業高校から常盤工業へ入社。高校で野球をやるために土木科を選んだのが、今の仕事へ繋がるきっかけ。土木施工管理一筋で様々な現場を指揮してきた。今では土木工事部を盛り立てる中堅社員。
CROSS TALK theme01 
熱い仕事について
当社のブランドメッセージ「あなたの物語をつくる 熱い仕事」を発表しました。「熱い仕事しています」って言うのは恥ずかしい部分もあるかと思いますが、皆さん如何思いますか?

窪田正直恥ずかしい気持ちもあります。
策定したばかりでこれから目指す姿でもありますので、会社の決意として発信していきたいと思いますね。目指す姿に近づけたら、恥ずかしがらずに胸を張って言えるようになると思います。

英弘少し恥ずかしさはありますが、私たちが一生懸命仕事をしていることをアピールするには最適な言葉ですよね。

高田お客様って、仕事を前向きに取り組んでいるか、嫌々やっているかって敏感に感じとるじゃないですか。だから、仕事している姿を見てもらって「熱い仕事しているな」と感じてもらえたら嬉しいですよね。

岡本作り手の一人ひとりの熱意は必ず使う人に伝わると思いますので、いいブランドメッセージだと思います。だから、私は恥ずかしくないです。むしろ誇りに思います。

英弘「熱い仕事」って想いを乗せている気がする。つくっているプロセスを大切にする気持ちになるので、絶対やってやるぜという気持ちになれると思います。
うちの会社は元々職人集団から始まっていて「いい仕事をする」という言葉が大切にされてきたので、情熱をもって仕事に打ち込む土壌があるのかなと感じますね。

岡本「いい仕事」は昔から言われていたけど、その定義はされていなかったと思います。常盤工業の目指す「いい仕事」を言葉に表すことで、新しく入社してくる人にも伝わりやすいですし、お客様に満足頂ける仕事ができていくのではないですかね。

窪田自分たち目線で「熱い仕事」「いい仕事」というのではなく、お客様にとってのいい仕事をしていければいいですよね。

高田私たち監督の仕事は工期を守り、設計図面を元に品質・安全を確保しながら建物を完成させるのが当たり前なわけです。そこにプラスアルファで、お客様に情熱的なものを如何に感じ取ってもらうか。実践するのは難しいですが、それが「熱い仕事」、そしてお客様の満足につながるのだと思います。

CROSS TALK theme02 
仕事への向き合い方
皆さんはどんな姿勢で仕事に向き合うように心がけていますか?
また、なぜそう心掛けているのかを教えて下さい。

英弘私たちのつくる構造物は長い年月多くの人に使われますので、中途半端な仕上がりではいけないと思っています。仮に少しでも手を抜いたことで後悔したくないので、今自分が出来る限りの手を尽くすをモットーに仕事に向き合っています。

高田常にお客様の立場になって物事を考えるようにしています。
施工者側の視点で甘えないように、自分がお金を払ってこの建物を建てる立場だったら、この仕上がりで満足できるのかと自問自答するように心がけています。

窪田私も営業として、お客様以上にお客様の事を考えるように取り組んでいます。
昔、営業駆け出しの頃に最初全く売れず悩んでいた時に、先輩からのお客様の幸せをとことん追求しろというアドバイスをきっかけに道が開けて今があると思っています。
お客様と共に幸せをつくりあげてWin-Winの関係にしていくことが、営業の醍醐味ですね。

岡本「楽しむ」ことを心がけています。
そもそも設計すること自体が楽しいですし、楽しく暮らすご家族をイメージしながら設計していくことが良い発想につながると思っています。作り手が楽しみながら仕事をすることは良いチームワークを生み出して、結果的にお客様に喜んでもらえるお住まいを提供できることに繋がるのではないでしょうか。

英弘私たち現場監督も良いチームワークで仕事ができるように気を配っています。職人さんたちに気持ちよく現場に入ってもらい力を発揮してもらうことが、良い仕上がりに繋がりますしね。

高田人の繋がりは私も大切にしています。
お客様もそうですし、職人さんもそうですが、一度関わったら、一生の付き合いをするつもりで人間関係を築いていこうと心掛けています。

岡本以前お宅をつくらせて頂いたお客様がいまして、そのお客様の娘さんから今度はご自身のお家を建てたいという依頼があったんです。
その時「実家を建てる際の打ち合わせが楽しかったので私の家も頼みたくて」と嬉しい言葉を頂きまして、一生涯のお付き合い、世代を繋いでのお付き合いとなる仕事をしていると実感しました。

英弘先輩との繋がりもありますね。
若い頃に先輩から言われたのが「現場に入った時に、どういうイメージで工事に入るのか」ということ。まだまだ体現できていないですが、イメージをつくって現場がスムーズに運ぶように心がけています。先輩たちの仕事へのこだわりは継承していきたいと思います。

窪田仕事を通じて自分を磨き、一流を目指すことは大切ですね。
トキワフィロソフィ(※)にもある「プロ意識を持つ」ことが、お客様も仲間も家族も幸せにしていくのだと思います。

※常盤工業社員の行動指針を示した31のフィロソフィ

CROSS TALK theme03 
仕事とは誰かの役に立つモノやコトを提供すること
仕事を通して、誰かの役に立てたのかな~喜んでもらえたのかな~と実感できたことはありますか?

岡本やはりお客様から感謝の言葉をいただいた時ですね。
お引渡し後に、「快適に過ごしています」とか「家の居心地が良くて外出が減りました」と言われると仕事させて頂いて良かったと思えます。

高田保育園などの内覧会で実際に働く先生たちが「わぁ凄い」とか喜んでもらえるとすごく嬉しいですからね。ダイレクトな言葉って力をもらえるので、完成後のアンケートでお褒めの言葉を頂けたときは改めて遣り甲斐を感じます。

窪田先日、私も保育園が完成して、入園児のお母さんから「ここに保育園を建ててくれてありがとう」と言われました。個人的な嬉しさもありますけど、待機児童解消など少しでも社会に貢献できたのかなと感じましたね。

英弘土木工事は公共物をつくることが多いので、対象が広いというか直接的な反応を得にくいところはあるのですが、工事中に近隣の方から完成への期待感なのか「頑張ってね」と声を掛けてもらうと嬉しいですね。私たちからすると工事中ご不便をかけてしまう部分もあるので、前向きに捉えて頂けるのはすごく有難いです。工事中の期待と完成後便利になったことで2回喜んでももらえたような気持になります。

岡本住宅の設計をしているとお客様の喜びをストレートに受け取れる機会が多いので、仕事への活力をお客様から頂いています。見学や内覧の際に監督や大工さんの心遣いが伝わることも多くて、お客様の反応を見せてあげたいと思うことが沢山あります。

窪田お客様以外にも喜んで頂く場面もありますよね。
私の場合ですと金融機関さんからのご紹介で仕事をさせて頂くことも多いので、ご紹介頂いたお客様の事業をプラスにできる提案をすると関係者皆さんで喜んで頂けます。

高田上司に褒められるのも単純に嬉しいですよ。
「工期の厳しいところ工期通りがんばったな」「難易度の高い建物だったが良く仕上げたな」と言ってもらうと会社に貢献できたなと思います。

窪田上司に成長したなっていわれると嬉しいですよね。

英弘須部灰の木線という道路を担当させて頂いたのですが、新東名からフルーツパーク間で多く利用される道路となったので、地域に貢献できたのかなと感じています。自己満足なのかもしれませんが。

岡本私も自己満足ありますよ。
ちょっと遠回りしてお客様のお家を通りかかったときにリビングから温かな光が漏れていたりすると、勝手にほっこりした気持ちになっています。

窪田個人のお客様もそうだし、多数のご利用者様もそうだし、建設業って対象範囲が広いですよね。

高田つくる側も沢山の人が関わるしね。職人さん達から仕事がしやすかったと言われると、監督として役割を果たせたかなと思います。

岡本建築物は世の中に残る物として寿命がすごく長いので、関わる人も多いですが、一方で誰かの記憶にずっと残るものと思います。暮らした家、過ごした学校、毎日通った道路など人の暮らしの様々なシーンで建築物は人生の背景に寄り添うものなのだと感じています。「記憶に残る仕事をしている」そういった仕事はなかなか無いのでは思います。

一同「記憶に残る仕事」名言ですね。

窪田それこそ英弘さんのつくった道路を通ってフルーツパークへ行った子供が、楽しい思い出として記憶に残すことはありそうですよね。

英弘子供たちが20年後とかに車で運転して「ここ通ったな」とか思い出してくれたら、つくった側としてはなんだか嬉しいし誇らしい気持ちになりますね。