MESSAGE

代表メッセージ

個性と調和で
お客様を感動に導く

一流のオーケストラのような
企業集団を目指します

これは創業間もない頃、三兄弟そろって戸建て住宅の上棟式に駆けつけた際の写真です。
“当社の受け継いでいくべき「和」「情熱」「自己変革」という三つの創業の精神が時空を超えて私に届いている…”この写真を見るたびに、そう実感させられます。

常盤工業の創業は、今から約一世紀前の大正15年4月、私の祖父市川豊蔵が左官職人として身を興したのがスタートでした。祖父の職人としての腕は一流だったようで、若き日の祖父が精魂込めて塗った壁や床などが 100年近い歳月を経て現存しているほどです。

職人一筋でも充分やっていけたであろう祖父でしたが、戦後4年目の昭和24年に大工と左官の職人だった二人の弟と共に「常盤工業企業組合」を設立し、2年後の昭和26年には「常盤工業株式会社」に進化させます。
三人の兄弟が力を合わせた「和」、未来を夢描いた「情熱」、職人から建設会社へとチャレンジをしていった「自己変革」。この三つの精神が常盤工業を生み出し、形づくりました。
以来、常盤工業株式会社は、木造住宅の仕事から、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の大規模建築をつくる仕事、そして道路や上下水道や橋などをつくる土木の仕事へと業容を広げてきました。

また、二代目社長として祖父の精神を引き継いだ父市川貞夫が「総合建設会社」としての基盤を築きます。一級建築士事務所や宅地建物取引業の認可を得て、土地探しから企画立案、設計・施工、アフターメンテナンスまでの一貫サービスを実現。それと共に誠実で真面目に一生懸命働く社風を根づかせました。「建設に関わる全てのことを安心してご相談頂ける会社」として今日の常盤工業があります。

私は平成18年に歴史ある常盤工業のバトンを引き継ぎました。
初代、二代目から引き継いだ三代目社長として、私は次の三つのことを心掛けて経営に取り組んでいます。

  • 1.お客様に最高のご満足を届け続けること
  • 2.総合建設会社として変化・進化を続け、中身の充実と事業エリアの拡大を実現していくこと
  • 3.これらのプロセスの中で雇用を増やし、社員・家族・ビジネスパートナーを幸せにし、地域の発展に貢献すること

そして、この三つのことを果たす為になによりも大切なことは、会社に集う社員の「心」と「個性」であると考えています。
様々な能力や長所を持った個性豊かな社員。「正しさ」「優しさ」「強さ」をベースにした常盤工業の理念(TOKIWA RINEN. TOKIWA PHILOSOPHY) に、社員一人一人が心から共感してそれを自らの理念へとベクトルを一つにしていく。また、集団としての素晴らしい成果のために、様々な能力や長所を持った個性豊かな社員たちが、自らの個性を磨いて思う存分に自己発揮する。
まるで一流のオーケストラが素晴らしいハーモニーを奏でるかのように、個性と調和がお客様を感動に導く。そんな企業集団にしていきたいと思っています。
ぜひ常盤工業の現在と未来に、多大なるご期待ご声援をお寄せ下さい。

代表取締役社長 市川 浩透