TOKIWA RINEN

企業理念

ビジョン【目指す企業像】

地域に愛され 社員が誇れる会社を目指す
「利他」の積み重ねにより、地域から愛され尊敬される存在になり、顧客が溢れるようになる。またそのことが「自利」につながり、従業員が各人の人生を懸けるにふさわしい職場環境が整備され、"当社の一員であることが誇りに思える" ようになる。そんな、魅力的でありかつ立派な会社を目指します。
*社是「自利 利他」に基づいた行動の積み重ねがビジョンにつながります。

ミッション【存在が前提で、果たすべき使命】

顧客満足
顧客を創造し、常に顧客目線で心を込めた「いい仕事」を提供し、顧客の幸福のために尽くす。
永続的発展と雇用の創出・維持
事業を通じて利益を上げ、安定的な事業活動を継続する。
また事業を永続的に発展させることで雇用を創出し維持する。将来的には社会的弱者の雇用を図る。
地域社会への貢献
事業を通じて、あるいは様々な社会貢献活動を通じて、地域社会への貢献を行う。また、利益の中から納税をすることで、企業市民としての義務を果たす。
共存共栄
パートナー企業との緊張感&信頼感のある関係を維持し、「TEAM TOKIWA」の精神で共存共栄を図る。
業界の地位向上
智恵と努力で従来の建設・不動産業のイメージを変える存在となり、業界の地位向上に寄与する。

経営目的【会社の存在理由】

全従業員の物心両面の幸福を実現する
誰にとっても人生は一度きりです。とても貴重なものです。
その貴重な人生において、もっとも活動的な時期を費やす"仕事"を行う場が会社です。生活のために働くという考え方もありますが、仕事そのものにやりがいを感じ、仕事を楽しみ、お客様や仲間のために尽くして喜んでもらうと同時に自らも充実感を得ることができれば、その人の心の状態は素晴らしいものになります。また精神的なことのみならず、働く環境や福利厚生が快適に整備され、安定かつ満足できる報酬を得ることができれば、人生はより素晴らしいものになります。
「全従業員の物心両面の幸福を実現する」常盤工業が存在する目的を、改めてこう定義します。

社是【会社の大方針】

自利 利他

「自利 利他」とは、日々の仕事に一生懸命打ち込むことによって、
①自分を磨き、功徳を自らが受け取ること
②自分以外の他者のために尽くし、他者を利すること
この二つを同時に実現していく事です。

「情けは人のためならず」「与えよ、さらば与えられん」など古今東西に自利利他を表す言葉は数多くあり「利他の実践こそが、ひいては自利にもつながる」ということは人間社会における不変の原理原則であるといえます。

会社の大方針、企業の根本となる"社是"を「自利 利他」と定めます。

社訓【従業員が守るべき指針 創業の精神】

和・情熱・自己変革
「和」とは、決して馴れ合いの状態を言うのではなく、会社の方針に一致団結し、プロのビジネスマンとしての厳しさを備えた上で社員同士が強い絆で結ばれ、素晴らしいチームワークが保たれている状態を言います。特にリーダー層に必要な心構えです。

人間の活動のすべては、人間の情熱からスタートします。努力も改善も顧客満足も情熱がなければ実行できません。また情熱が不足していては中途半端な結果にしかなりません。情熱が能力を高め、成果を生み出すのです。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。(ダーウィン)」企業にもそこで働く社員にも、全く同じことがいえます。
コーポレートロゴマークの3色は、「情熱」の炎が燃えている色であり、また少しずつ色を変え「自己変革」している様子を表してもおります。そして個性ある社員たち(3色)が共通の理念(黒)もとに結束している「和」の状態を象徴しております。
社訓は、職人だった兄弟3人が常盤工業を立ち上げた創業の精神であり、ロゴマークにも表現されています。