イメージ

常盤工業、もしくはその部門を
選んだきっかけ

きっかけは二つあります。一つ目は、小さい頃から建設機械や工事現場が好きだったこともあり、高校を出たら建築系の仕事に就職をしたいと思っていました。もう一つは高校時代。野球が好きで高校に進学した際、野球部に入部しようと思っていたのですが、部活をするためには建築科を選択できず、土木科にはいったことです。土木の専門学科は難しかったですが、高校3年間をなんとか乗り切りました。常盤工業との出会いは、就職先を土木関係で探していると担任に相談したところ、常盤工業を勧められ入社しました。

日常の仕事内容

起床は6時。現場先は担当工事によって集合時間が違う為、それに合わせて30分前を基本に出勤しています。現場では毎朝その日の作業の打合せを行い、8時から現場朝礼が始まり、作業内容・安全指示事項を伝え、指差し呼称をします。現場では、施工管理をする為レベルや、トランシットといった計測機器を使用し、高さや通り等を確認します。工事の品質を保つ為に品質管理や出来形管理をし、それを写真で記録しPCでまとめます。

イメージ

こだわりの道具

大ハンマーです。丁張を設置するのに欠かせない道具ですが、重量があり筋肉トレーニングにもってこいです。(笑)

働きがいや常盤工業の
良い点を教えてください。

現場では一番の責任者なので、日々ほどよい緊張感をもって仕事ができている事や、現場管理をしていて、うまく段取りできた時はとてもうれしく、そんな時仕事をしているやりがいを感じられます。常盤工業の良い点は社員同士の仲が良い点です。常盤会という協力会社も含めた懇親会を行っていて社員皆で盛り上がり士気を高めていることです。

イメージ

休日の過ごし方や
趣味を教えてください。

小学校から続けている野球をしたり、サーフィンをしに海へいったりしてリフレッシュしています。

他社員からのコメントCOMMENT FROM OTHER EMPLOYEES

常盤工業に入社して約10年、様々な現場経験と管理の正確さ、そして人柄のよさが優良工事取得に繋がっていると思います。難関である1級舗装試験にも合格し、今後も飛躍を期待しています。

栁彰男

土木工事部
現場管理

イメージ

入社当初、分からない事ばかりだった僕に丁寧に教えてくれました。会社で会うときも「最近現場はどう?」など気遣ってくれます。現場の事や分からない事を教えてくれるため、すごく助かっています。ありがとうございます。

大杉和樹

土木工事部
現場管理

イメージ
一覧へ戻る